薬剤科のご紹介

私たち薬剤師は医療チームの一員として専門的知識に基づいた安全で適切な薬物療法の提供に貢献します。医師の処方箋をもとに患者様のお薬の調剤をはじめ、注射薬など払い出しを行っています。

治験薬や治療抵抗性統合失調症治療剤クロザリル等も取り扱っています。入院患者様の病室で患者様に合わせた服薬指導を行い、患者様と一緒にアルコール勉強会も行っています。

また、薬剤の減量や単剤化、新しい抗精神病薬への切換にも積極的に取り組んでいます。

以下にて、薬剤業務の概要をご紹介します。

調剤室

処方箋に基づき、患者様のおくすりを調剤します。また、注射薬の払い出しも行っています。おくすりには、内用剤として錠剤・カプセル剤・散剤・水剤等、外用剤として軟膏・消毒剤等、また注射剤等さまざまな形があります。

さらに最近では、ザイディス錠・OD錠・内服液・持続性注射剤等がでてきて、患者様の体の状態に合わせたおくすりを選ぶことができるようになりました。

また当院では、入院患者様の内服薬は、1回服用分毎に包装して、患者様のお名前と飲む時間を包装毎に印字して、服用しやすいように工夫をしています。

薬剤管理指導業務

入院患者様に、おくすりの飲み方や作用・副作用・使用方法等について説明文書をもちいて説明し、安心しておくすりを服用できるよう手助けをしています。

医薬品情報管理業務

膨大なおくすりに関する情報を、正確かつ迅速に医師をはじめとする医療スタッフに届ける仕事です。より質の高い薬物治療を目指して、陰ながらサポートをおこなっています。

薬品管理業務

一般におくすりは高額であるため、病院としては適正な数量を購入し、冷所・遮光保存等薬剤の性質によって適正に保管管理しています。

 

抗精神病薬の減量単純化への取組み

統合失調症には抗精神病薬とよばれるおくすりを使用します。患者様の症状が改善して健康的な日常生活を送っていただくためには、毎日決まった量のおくすりを決まった時間に服用することが大切です。しかし患者様によっては、おくすりの量が非常に多くて飲みにくい場合があります。

琉球病院では多職種協力のもと、患者様のおくすりをできる限り減らし(単剤化率を上げ)、おくすりを飲みやすくする取り組みを行っています。おくすりを減らすこと(単剤化率を上げること)は患者様の服薬の負担とともに、副作用を減らすことにもつながります。

わたしたち薬剤師は医師や看護師をはじめ、作業療法士、心理療法士など多職種と協同し、患者様の症状をみながら少しずつおくすりを減らしていくことで、患者様に応じた最適な薬物治療に貢献します。