入院手続きについて

  • 外来受診の手続きをされた後、医師の診察又は医師の指示を受けてから入院受付(医事受付)で入院手続きを行います。
  • 入院手続きの際は、入院申込書、身元引受書並びに診療費支払保証書の作成が必要ですので、印鑑をお持ちください。
  • 保険証、健康保険限度額適用認定証、各種受給者証等をお持ちの方は入院受付(医事受付)に提出してください。
  • 入院形態により、保護者等の印鑑、戸籍謄本、住民票など必要な場合がありますので地域医療連携室職員の指示によりご準備ください。また、精神保健福祉法の規定により、家庭裁判所等での保護者選任の手続きが必要な場合がありますので、すみやかにご協力ください。
  • 入院中も、定期的に保険証等の確認をさせていただきますので、ご協力ください。

入院時の準備品

  1. 保険証、印鑑(入院手続きで使用します)使用後はご家族に持ち帰っていただきます。
  2. 生活費(小遣い、洗濯代、電話代など)
  3. 床頭台用の南京錠(貴重品や財布保管のため)…売店で購入できます。
  4. 洗面用具…洗面器、歯ブラシ、歯磨き粉、プラスチック製コップ、石鹸箱、石鹸、シャンプー、 ヘアブラシ、電気髭剃り(電池式のみ)…I字剃刀は禁止となっております。バスタオル3枚、タオル5枚、ティッシュペーパー
  5. 日用品…洗濯用洗剤、履き物(草履や運動靴・履きやすく底の滑らない物)、ハンガー(プラスチック)
  6. 衣 類…下着・肌着各5枚、上着5枚、ズボン5枚、寝巻2枚
  7. ※全ての生活用品には名前の記入をお願いします。

持ち込みが禁止されているもの

  1. 可燃物(マッチ・ライター)
  2. 危険物(刃物、剃刀、はさみ)
  3. 自家用車、バイク、自転車
  4. その他(針、ガラスのコップ、薬品)
  5. ※上記の物品を持ち込まれた場合は、一時病棟でお預かりし、ご家族に持ち帰っていただきます。

病棟案内

専門病棟

アルコール依存症病棟

アルコール依存症の専門的治療を行う病棟です。専門的なアルコール・リハビリテーション・プログラムに沿って3ヶ月の入院を行っています。家族に対する相談や援助も行っています。

詳しく見る

認知症治療専門病棟

重症の物忘れや行動の問題、意識の障害を有する認知症を専門に治療する病棟です。診断、治療、看護、介護等に取り組んでいます。

詳しく見る

重症心身障がい児(者)病棟

沖縄県唯一の動く重症心身障がい児(者)専門病棟です。自閉症や多動等の情緒障害や行動障害や行動障害の診断・治療及び療育やてんかん等薬物調整などの医療的支援を行っています。

詳しく見る

医療観察法病棟

医療観察法に基づいた指定医療機関専門病棟です。充実した施設と治療体制で精神科疾患により重大な他害行為を行った対象者に専門的治療を行い社会復帰の促進に寄与します。

詳しく見る