CVPPP(包括的暴力防止プログラム)研修のお知らせ

沖縄県内の施設が対象です

Ⅰ.主旨

暴力への対応について、英国ではControl&Restraint(C&R)や北米ではCrisis Prevention Institute(CPI)として体系的な対応が開発され、トレーニングも行われ、司法精神医療施設にとどまらず、一般の精神医療等で使用されている。

琉球病院では、平成19年から院内教育研修に同研修を組み入れ、施設をあげて暴力に対する取り組みを行っている。 今後は当院に限らず、各施設への導入を図ると共にCVPPPを現状に合わせて改訂し、その効果を検証したい。

そして将来的には司法精神医療施設に留まらず、一般の精神医療施設でも活用できるように普及を図ることにより、 対象者及び医療関係者特に看護師の安全を図り、効果的な暴力への対処能力を高め、精神医療における治療的環境の向上に資する。 対象者だけでなく、職員の安全も図ることができ、お互い受傷する事が少なくなると考える。

Ⅱ.令和元年度 研修計画

トレーナー養成コース

1. 研修目的

トレーナー養成コースは、各施設におけるCVPPP指導者(トレーナー)を養成する事を目的としている。 また、この研修によって認められた指導者(トレーナー)は勤務している施設の職員を対象とした研修のみ指導する事を認める。

2. 研修内容

トレーナー養成コースは、琉球病院にて、当院CVPPPトレーナーと供に4日間のトレーニングを行う。終了したものはCVPPPのトレーナーとして認定する。その後、各施設でトレーナーを中心にCVPPPを導入する。導入したあとのCVPPP効果について、アンケート調査やプライバシーに配慮した上での事例提出を依頼することがありますのでご了承ください。

トレーナー養成コース スケジュール

3. 研修日

令和元年 11月25日(月) ~ 11月28日 (木) 8:15~17:15 / 4日間

4. 研修募集期間

令和元年 8月5日(月) ~ 26日(月)

5. 受講許可等の通知について

令和元年 9月3日(月)頃を目安に返信予定

※受講の可否を待って宿泊・旅券の手続きを行ってください。

トレーナーフォローアップコース

1. 研修目的

トレーナーフォローアップコースは、トレーナー取得後の知識や技術を振り返ることを目的としている。

2. 研修内容

トレーナーフォローアップコースは、トレーナー取得者が対象で、琉球病院にて院内CVPPPトレーナーと供に1日間、知識面、技術面を振り返りケース検討を通しリスクマネジメントのトレーニングを行う。前後にアンケートを実施し研修の効果も検証するのでご了承ください。

フォローアップコース スケジュール

3. 研修日

第1回 令和元年 7月22日(月) 8:15~17:15

第2回 令和元年10月21日(月) 8:15~17:15

第3回 令和2年 1月17日(木)  8:15~17:15

4. 研修募集期間

第1回 令和元年 4月 9日(月) ~ 5月 7日(月)

第2回 令和元年 7月 2日(月) ~ 30日(月)

第3回 令和元年10月 7日(月) ~ 28日(月)

5. 受講許可等の通知について

第1回 令和元年 5月 7日(月)頃を目安に返信予定

第2回 令和元年 8月 5日(月)頃を目安に返信予定

第3回 令和2年11月 5日(月)頃を目安に返信予定

※受講の可否を待って宿泊・旅券の手続きを行ってください。

トレーナー養成コース フォローアップコース 共通

1. 研修場所

琉球病院施設内 (研修棟3階会議室及び体育館)

2. 定 員

各施設より2~4名。合計20名まで

※定員を超えての応募の場合こちらで調整を行います。

3. 受付開始時間

研修日当日8:15~琉球病院研修棟3階にて受付を行います。

4. 申請について

メールに申込用紙(エクセル)を添付して提出願います。

申請用紙は、下のCVPPP研修参加申込書をご利用ください。

申込は、メールのみの対応とさせていただきます。

研修参加状況の把握のためそれぞれ申請期間があります。お間違いなくお願いします。

提出先アドレス「看護部・CVPPPチーム」アドレス:ryukyu_cvppp@yahoo.co.jp

トレーナー養成コース 参加申込書

トレーナーフォローアップコース 参加申込書

5. 保険の加入について

研修中の事故等に対する保険は、各自で加入するようお願いいたします。

例) ・スポーツ・レク保険・ネットから加入できるワンコイン保険など

6. その他

腰や肩に痛みのある、心疾患のある方はご相談ください。

7. 持参品について

  1. トレーニングウエア
  2. 上履き用の運動靴
  3. 筆記用具
  4. 健康保険証(疾病時に使用、コピー可)
  5. 水等、飲み物
  6. 弁当、(当日注文行わない方)
  7. タオル

Ⅲ.修了証書について(トレーナー養成コースのみ)

所定の研修を履修した方には修了証書を授与いたします。

Ⅳ.研修費用について

トレーナー養成コース

(1)10,000円(資料代、通信費、事務諸経費)

(2)昼食は各自弁当持参または当院で弁当(300円)注文受け付けます。(当日確認)

*「医療職のための包括的暴力防止プログラム」の代理販売は終了となりました。

*受講者の増員に伴い設備補充が必要となり、やむを得ず研修費用の値上げを行っております。

理解の程よろしくお願いいたします。

トレーナーフォローアップコース

(1)2,000円円(資料代、通信費、事務諸経費)

(2)昼食は各自弁当持参または当院で弁当(300円)注文受け付けます。(当日確認)

*「医療職のための包括的暴力防止プログラム」の代理販売は終了となりました。

*受講者の増員に伴い設備補充が必要となり、やむを得ず研修費用の値上げを行っております。

理解の程よろしくお願いいたします。

Ⅴ.宿泊について

当院宿泊研修施設の利用は28年度まで行っていましたが。諸事情により取り扱いを終了いたしました。

申し訳ございませんが近隣の宿泊施設をご利用ください。

※うるま市や沖縄市で宿泊施設を手配し、交通機関やレンタカーを使用するのもおすすめですが時間と交通ルートの確認は お忘れなく。

琉球病院へのアクセスはホームページでご確認ください。

Ⅵ.出張研修について

「暴力について」「CVPPPの紹介」など、当院のCVPPPチームが皆様の施設へお邪魔し、研修会の開催も検討しております。

「トレーナーフォローアップコース」につきましても一報くだされば検討いたしますのでお気軽にご連絡ください。

※研修についてのお問い合わせ※

独立行政法人 国立病院機構 琉球病院

「 看護部・CVPPPチーム 」

担当:西Ⅲ病棟 當眞・東江

〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町字金武7958-1

TEL : 098-968-2133 (内線番号505)

メールアドレス ryukyu_cvppp@yahoo.co.jp